賃貸物件を選ぶ時に欠かせないコツをご紹介!

賃貸物件を選びは情報収集が大事!満足できる物件を見つけるために

物件見学で見ておくべきポイント

  • 日当たりの良さ
  • 室内の広さ
  • 防音性能の高さ
  • 窓の大きさ
  • 設備の充実度
  • 外・内装の綺麗さ
  • 汚れ・キズの有無
  • セキュリティの高さ

契約から入居までの流れ

物件を探す

まずはインターネットや不動産会社を利用して、物件を探しましょう。物件を探すときには、家賃、間取り、立地条件から選ぶのが基本です。また、バストイレ別など細かい条件がある場合には、最初の段階から絞り込んでおきましょう。

物件見学

気になる物件を見つけたら実際に日程を決めて物件を見学しましょう。見学する時間がないという場合には、無理に見学する必要はありませんが、なるべく建物全体や周辺環境などはご自身の目で確認しておくべきです。

申し込み・契約

「ここに住みたい」と思える物件が見つかったなら、申し込み・契約に移ります。契約書には重要なことが記載されているため、契約時には必ず目を通しておくようにしましょう。特に原状回復や敷金の返還の項目は隅々まで確認しておくことが大切です。

引っ越しから入居

契約が済んだら、引っ越しの準備を進めておき、契約日にスムーズに移動できる体制を作っておくだけです。また、引っ越しと同時に住居変更など、市役所絡みの様々な手続きも早めに完了しておくように心掛けましょう。

賃貸物件を選ぶ時に欠かせないコツをご紹介!

室内

いきなり不動産はNG

千代田区での賃貸物件選びで困っているからといって、すぐに不動産会社に行くのは良くありません。目当ての賃貸物件がない状態で不動産会社に赴くということは、営業をかけられに行っているだけです。もちろん、不動産会社でも希望条件から物件を調べてくれますが、その物件が優良物件というわけではないです。むしろ、流通物件と言われる借り手が見つからない部屋を紹介される可能性もあります。そのため、不動産会社に行く時はある程度、賃貸物件に目星を付けてからにしましょう。

原状回復について確認!

賃貸物件から退出するときには、原則として原状回復工事が必要になります。そして、この原状回復工事にかかる費用は契約書類にオーナー側が支払うべきか、入居者側が支払うべきかが記載されています。原状回復工事にかかる費用負担がオーナー側なら、退出時の費用も削減できるので、千代田区で物件を選ぶときには確認しておくといいでしょう。

最新情報はネットでわかる

賃貸物件の情報は日々更新されており、1時間ごとでも数件から数十件ほど増え続けています。しかし、優良物件は掲載されてからすぐに契約者が現れるため、自身が契約するのはなかなか難しかったりします。そのため、検索サイトや不動産会社の最新情報はこまめにチェックしておくようにしましょう。最近では条件にマッチした最新物件がネットに掲載された時点で、メールが送信されるという設定もできます。このような設定を利用してご自身にとって優良物件を見つけましょう。

広告募集中